長野県数学会 > 会則

長野県数学会会則

第1章 総   則

第1条 本会は長野県数学会という。

第2条 本会長野県下に勤務する教職員の入会希望者を以って会員とする。

第3条 本会の事務局は代議員会で定める。

第4条 本会は数学及び数学教育の研究を行うことを目的とする。

第5条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

     (1) 研修会・講習会

     (2) 研究会

     (3) 機関紙・研究収録の発表

     (4) 数学大衆化の事業

     (5) その他の必要な事業

第6条 本会は以下の部会をおく。

     北信部会、東信部会、中信部会、南信部会

     また、各部会には次の支会をおく。

     北信部会・・・高水須坂支会、長水支会、更埴支会

     東信部会・・・佐久支会、上小支会

     中信部会・・・松筑木曽支会、安曇支会

     南信部会・・・諏訪支会、上伊那支会、下伊那支会

第7条 本会の規約の変更は代議員会の議決による。

 

第2章 役   員

第8条 1、会に次の役員をおく。

       会長 1名、副会長 4名、監事 2名、幹事長 1名、幹事 若干名、庶務 1名、会計 1名

     2、部会には次の役員をおく。

       部会長 1名

     3、支会には正副支会長1名をおく。

第9条 会長、副会長および監事は代議員会で決める。

     幹事長及び幹事は代議員会の意見を聞いて会長が委嘱する。

     庶務および会計は会長が委嘱する。

     部会長は各部会で選出する。

     正副支会長は各支会で選出する。

第10条 会長、部会長及び各支会長は、それぞれ本会、部会及び支会を代表し、各務を統括する。

第11条 副会長及び副支会長はそれぞれ会長及び支会長を補佐し、事故あるときにはその職務を代行する。

第12条 監事は会計監査を行う。

第13条 幹事長は会長を補佐し、幹事とともに会務を処理する。

第14条 部会長、正副支会長等改選されたとき及び欠員になったときの後任者は、直ちに事務局に報告する。

第15条 本会会員の任期は1ヵ年とし再任を妨げない。

      補充によって就任したときの任期は前任者の残務期間とする。

第16条 本会は特に功績のあった会員を代議員会の議を経て顧問に推薦する。

 

第3章 会  議

第17条 1.本会の会議は総会及び代議員会とする。

      2.部会の会議は正副支部長及び学校代表者とする。

      3.支会の会議は各学校代表者とする。

第18条 定期総会は毎年1回開く。

第19条 臨時総会は会長が必要と認めるとき及び代議員の3分の1以上の要求があった時これを召集する。

第20条 代議員会は総会に代わる決議機関である。代議員会は部会長、支会長で構成し、幹事もこれに出席する。

第21条 正副支会長及び学校代表者会は必要に応じて開く。

第22条 本会の運営は会費、補助金、寄付金及び事業収入等による。会費は一人年額3,000円とする。

第23条 臨時の費用は代議員会の決議により徴収することができる。

第24条 本会の会計は毎年4月1日に始まり翌年の3月31日に終わる。

附則

この規約は昭和23年7月3日より効力を発生するものとする。

昭和31年5月21日 一部改正 (於 松本市 幹事会)

昭和32年5月26日 一部改正 (於 松本市 幹事会)

昭和34年1月7日 一部改正 (於 松本市 幹事会)

昭和36年7月31日 一部改正 (於 松本市 幹事会)

昭和40年1月17日 一部改正 (於 松本市 幹事会)

昭和47年1月20日 一部改正 (於 松本市 代議員会)

昭和51年1月24日 一部改正 (於 長野市 代議員会)

平成19年1月16日 一部改正 (於 総合教育センター 代議員会)

平成22年5月11日 一部改正 (於 あがたの森文化会館 代議員会)

 

長野県数学会 > 会則